Home> Blog> サイトと色の関係性 04

サイトと色の関係性 04

皆様はどんなホームページにしたいですか?

「今よりオシャレなデザインを制作したい!」「集客を上げられるホームページにしてもらいたい」「会社の良さをもっと色んな方に知ってもらえるホームページにしたい」等、様々あるかと思います。そんな皆様の思いに寄り添った、“会社らしさ”を表現できるホームページを株式会社MYARTが制作させていただきます。

みなさまこんにちは!株式会社MYARTです。

今回も具体的にサイトと色の関係性についてお話させていただきます。

「黄色」は明るく活発的なイメージを与える色です。オレンジよりも明るく、視覚的に訴えかける強い色です。暗い中でも認識しやすいため、標識等に使われていることも多くあります。赤色と同様、黄色も警告色となります。信号だと赤色は止まれ、黄色は点滅ですよね。このように「注意して!」という意味のある色になるため、精神的にストレスを抱えている時はイライラする色と言われることもあります。ですが、悪いことばかりではありません。黄色には明るい、ユーモアが溢れる、喜び等のイメージもありますし、警告色といわれれば危険という意味があるかもしれませんが、人が目を惹く色でもあるのです。そのため、注目してほしい点や目立たせたい部分等に使用すると効果的です。例えば赤と黄色のイメージのある飲食店等もありますが、看板があると自然と目に入りますよね。そのように、インパクトに残るウェブサイトを使用したい方にはおススメです。

次は「緑」です。山や森のイメージもある緑は、自然を連想させるような癒しの色です。ですが、欧米の方では毒などイメージする色でもあるため、注意が必要です。ですが基本的には安全や健康、癒しなど健康的なイメージがあるため、「安心できるサイトだよ」とユーザーに思っていただきたい時に効果的な色です。さらに、緑は中間色でもあるためどんな色とも合わせやすいという特徴もあります。

“感情をゆさぶれ”
そんなホームページを制作しているのが株式会社MYARTです。会社の個性やニーズに合わせた、魅力的で目を引くようなホームページを制作させていただきます。株式会社MYARTではホームページの他にもアプリ制作やUI/UXデザイン、ロゴ・名刺・イラスト・グッズ・チラシ・ポスター・パッケージ・資料等の制作、人物や建物の撮影事業等も行っております。「ホームページを制作したいけれど悩んでいる…」そんな方も株式会社MYARTまでお気軽にお問合せください!