Home> Blog> サイトと色の関係性 02

サイトと色の関係性 02

皆様はどんなホームページにしたいですか?

「今よりオシャレなデザインを制作したい!」「集客を上げられるホームページにしてもらいたい」「会社の良さをもっと色んな方に知ってもらえるホームページにしたい」等、様々あるかと思います。そんな皆様の思いに寄り添った、“会社らしさ”を表現できるホームページを株式会社MYARTが制作させていただきます。

みなさまこんにちは!株式会社MYARTです。

前回は色のイメージについてお話させて頂きました。今回はもっと具体的にサイトと色の関係性についてお話させていただきます。

『赤色』にはどんなイメージを持ちますか?温かい、炎、情熱、勝利など様々なイメージがあるかと思います。赤色にはエネルギーを与えるイメージがある一方で警告色でもあります。信号機の止まれも赤色ですよね。他にも止まれの標識やポール等、無意識に目を惹く色になります。警告色と聞くとネガティブなイメージがあり、「サイトに使わない方がいいのかな…?」と思ってしまいますが、実はそうではありません。赤色は警告色ではありますが、視覚的に訴える力が一番強い色だと言われています。つまりインパクトに残るということです。一度みたら印象に残るサイトになるため、全体を赤ではなくても、目立たせたい箇所を赤色として使うと効果的です。

次は『ピンク』です。ピンクというとかわいい、柔らかい、女性らしいというイメージがあるかと思います。ピンクといってもビビットピンクやコーラルピンク等様々ありますが、柔らかい印象のピンク色は、最も女性に好まれる色の一つです。女性向けのファッションサイトやインテリア雑貨のお店等に使用されていることが多くあります。ただし、「ピンクがかわいいからピンクにしたい!」といっても、男性に向けたスポーツグッズを売っているサイト等ではニーズに合っていないため、ユーザーが困惑してしまいます。

次回もサイトと色の関係についてお話させていただきます。

“感情をゆさぶれ” そんなホームページを制作しているのが株式会社MYARTです。会社の個性やニーズに合わせた、魅力的で目を引くようなホームページを制作させていただきます。株式会社MYARTではホームページの他にもアプリ制作やUI/UXデザイン、ロゴ・名刺・イラスト・グッズ・チラシ・ポスター・パッケージ・資料等の制作、人物や建物の撮影事業等も行っております。「ホームページを制作したいけれど悩んでいる…」そんな方も株式会社MYARTまでお気軽にお問合せください!